読みもの

画像の中間フォーマットは何がいいのか?

MediumImage.png
Photoshop、Gimp、Substance Painterで作ったテクスチャをBlender、Maya、3ds MaxみたいなDCCツールなどとやりとりする画像の中間フォーマットは何がいいのだろうという質問があったので整理してみました。

最終フォーマットはスカイリムみたいなPCゲームならdds一択なので迷わず済みます。

可逆圧縮の画像フォーマット

可逆圧縮、戻せるタイプの圧縮でないと劣化するので、jpgやddsみたいなのは除外。それぞれ一長一短があります。

tga

○:古いが扱いやすいフォーマット。

✕:圧縮が弱くファイルサイズが大きい。16bit以上が扱えない。

png

○:ほぼすべてのソフトで扱える。

✕:アルファチャンネル付きでエラーを起こす場合がある。保存や展開が少し遅い(数枚のテクスチャ程度なら気にならないレベル)

tiff

○:圧縮が選びたりレイヤーにも対応。tiffの圧縮はlzwだと圧縮効率と互換性、展開速度のバランスがいい。

✕:ただ自由度高いのが仇となり互換性が低くてソフト側が対応してないとエラーになる。たとえばソフトによってはアルファチャンネルを扱えない。

exr

HDR用フォーマット。圧縮効率がよく16bit以上ならこれ。現状だとゲーム用は8bitで間に合うのでIBL用のHDR画像ぐらいしか使わない(はず)。スカイリムでは使わない。映像業界でよく使われる。


私は基本的にpngで、アルファチャンネル付きはtgaにしてます。フォトショップからの書き出しは細かく設定できるSuperPNGのプラグインを使ってます。

メールアドレスが公開されることはありません。